糖尿病の進行を防ぐ治療|宅配で糖尿病食をゲット|自己管理が要らない

宅配で糖尿病食をゲット|自己管理が要らない

糖尿病の進行を防ぐ治療

料理

カロリー制限と栄養補給

糖尿病は、一度発症すると基本的には完治させることが難しい病気です。そのため発症後には、進行を防ぐための治療を進めていくことが必要となります。そして特に効果的とされている治療方法が、宅配糖尿病食を利用した食事療法です。糖尿病は、毎日の食事での摂取カロリーが多いことが原因のひとつとなっています。摂取したカロリーは、通常はすい臓から分泌されるインスリンによって処理されます。ところがインスリンが処理できないほどの量のカロリーを摂取し続けていると、酷使されることからインスリンの力は弱まっていきます。その結果、糖尿病を発症することになるのです。そして宅配糖尿病食は、低カロリーになるように作られています。それでいて体に必要な栄養分は含まれているので、カロリー制限をしながらも十分な栄養補給ができるのです。

1日に20単位以下

糖尿病の食事療法では、具体的には1日の摂取カロリーを20単位以下にすることが必要となっています。1単位が80kcalなので、20単位は1600kcalということになります。そして宅配糖尿病食は、1食分の摂取カロリーが3〜4単位となっています。そのため1日3食の全てを宅配糖尿病食にしていれば、容易に1日の摂取カロリーを20単位以下にすることができます。しかし、1日のうち1〜2食のみ宅配糖尿病食を利用し、その他の食事は自炊または外食にする場合には、当然自分でカロリー調整をおこなう必要性が生じます。宅配糖尿病食で摂取したカロリーと合計して、20単位以上にならないように工夫するのです。もちろん3食分を宅配糖尿病食とした場合も、間食をとる場合には、やはり自身でのカロリー調整が必要となります。